« 東京市城東のI商店街に、三角屋根の人形館がある・・・ | トップページ | ビクター犬『ニッパー』 »

2005年11月19日 (土)

「二平」の福々まんじゅう



明治通りの曳舟駅付近にある、ラーメン屋兼まんじゅう屋です。
「福々まんじゅう」の紙に惹かれました。


(右の)福々まんじゅうは、あんまんです。アンコがタップリ入っていました。
(左の)肉まんは、ざっくりと歯ごたえのあるキャベツと、ほのかに感じる生姜の味が印象的でした。
生地も美味しかったです。1個110円です。

京成線曳舟駅下車。

« 東京市城東のI商店街に、三角屋根の人形館がある・・・ | トップページ | ビクター犬『ニッパー』 »

食事」カテゴリの記事

コメント

中華料理とまんじゅうって、変な取り合わせかと思ったけど、よく考えたら中華街では当たり前ですよね。
さすがだ!

こんばんは、せきぐちです(^o^)
福々まんじゅう、大好きです♪ 私は巣鴨の駿河屋で購入するのですが、曳舟にもあるのですネ。行く機会があったら購入してみます。

ネコさん、こんにちわ!
あー、肉まん食べたいです。ここには売っていません(悲)あー、思い出してしまいました。よだれたらり・・・もしかして、どこかのチャイナタウンへ行けば買えるのかなぁ?と今、発見!!

jinnさんへ
普段はラーメン屋さんです。しかし、この時期は、饅頭の湯気でラーメンのサンプルも見えません。

せきぐちさんへ
「福々まんじゅう」という饅頭の種類があるのですか?それとも、何かのブランドなのでしょうか? 知りませんでした。
普通の、あんまんかと思っていました。

nainaiさんへ
オレゴンに居られるのですね。このような、日本食や中華料理はあまり無いのですか?でも、見つかりましたか?

このお饅頭の餡はやはり中華餡でしょうか?小豆餡ももちろんいいですが、コクのある中華餡て美味しいですよね!あんまんはやはり和も中も真ん中にポチが入っているんですね。

おいとみ〜さんへ

すみません「餡」がわかりませんが、以下憶測で書きます。

「餡」は確かにコンビニで売っている中華まんの「餡」と違って、多少肉厚で、腰のあるもの(たぶん「中華餡」)です。
フワフワしていないです。

意味は合っていますか?

ネコさんへ
合ってないです(^^;餡はあん、です。お饅頭って外側の生地は和も中もそんなに差がないような気がするんですが(酒まんじゅうは別にして)あんは和風は小豆、中華風は胡麻ですよね。でも肉まんは完全に中国のものですね。日本では長野の「おやき」がそれにかわるもののように思います。

おいとみ〜さんへ
失礼しました!!「あん」ですね。
胡麻っぽかったです。

はじめまして。生まれも育ちも地元、したまちっこです。
二平さんの福々まんじゅうの元は浅草の福々まんじゅうです。そして、二平さんの娘は、水戸街道沿いのタンメンとお喋り好きのオヤジで有名な中華屋の横綱のおかみさんです。そのツテで二平さんはラーメンはじめたようです。元々は福々まんじゅうだけでした。

したまちっこさんへ
初めまして。お店の関係までご存知という事は、かなりな方と存じます。
「横綱」とのご関係など知る由も有りませんでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

せきぐちさんも言っていたように、巣鴨にも福々まんじゅうありますよ。
小さめのやつですよね。巣鴨のはあんまんと肉まん両方あります。
結構有名ですが、そこと何か関係あるのですかねぇ。

『福々まんじゅう』って、他にもあるのですね。
巣鴨の情報がありましたら、どのようなものか教えてください。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051453/21471786

この記事へのトラックバック一覧です: 「二平」の福々まんじゅう:

« 東京市城東のI商店街に、三角屋根の人形館がある・・・ | トップページ | ビクター犬『ニッパー』 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31