« 気の早いクリスマスイルミネーション | トップページ | この時はチャイで寛ぎました。「こぐまカフェ」 »

2007年11月26日 (月)

最後の蕎麦湯まで美味しかった日曜庵でした。



葛飾の柴又、帝釈天の裏手の住宅街にある「日曜庵」というこだわりの蕎麦屋さんです。
お店の名前のとおり、金・土・日曜日しか営業はしていません。

この時は受付してから1時間以上待ちました。待っている間も何だかんだ楽しいです。




まずは、鴨の鉄板焼きです。季節柄、食べておきたい一品です。

鉄板でジュージュー音を立てています。

このお店は、陶器の販売も行っており、器にも趣があります。


その次が「そばがき」です。大き目の肉まん以上あります。

正にお蕎麦の味を一気にガッブと味わえる、贅沢な味です。

お酢の様なつけ汁もありました。




やっと来ました、せいろそばです。細めの上品な蕎麦です。決してコシが強いわけではありませんが、しっかりしています。

お汁の入れ物が可愛い形しています。



最後に蕎麦湯が来ましたが、サイズを見てビックリ。

そして、味わってビックリ。かなりトロトロの蕎麦湯です。何か工夫があるのでしょうか?

最後の蕎麦湯まで美味しかった日曜庵でした。

京成線柴又駅下車。

« 気の早いクリスマスイルミネーション | トップページ | この時はチャイで寛ぎました。「こぐまカフェ」 »

食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051453/21472570

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の蕎麦湯まで美味しかった日曜庵でした。:

« 気の早いクリスマスイルミネーション | トップページ | この時はチャイで寛ぎました。「こぐまカフェ」 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31