« とにかく気持ちが明るくなる「卵パン」です。 | トップページ | 「アキバ系おでん缶」の自動販売機が登場しました。 »

2008年2月17日 (日)

それは、いつもそこにいた三毛猫へのお供えでした。



隅田公園のある所へゆくと、お供え物がありました。それは、いつもそこにいた三毛猫へのお供えでした。

この冬に亡くなったようです。

元気な頃の三毛猫



片目が不自由だったこの三毛猫は、回りの人々から愛されていたようです。

近くの桜橋を駆ける風がいつもより冷たく感じました。

東京メトロ銀座線浅草駅下車。

« とにかく気持ちが明るくなる「卵パン」です。 | トップページ | 「アキバ系おでん缶」の自動販売機が登場しました。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1051453/21472638

この記事へのトラックバック一覧です: それは、いつもそこにいた三毛猫へのお供えでした。:

« とにかく気持ちが明るくなる「卵パン」です。 | トップページ | 「アキバ系おでん缶」の自動販売機が登場しました。 »

フォト
無料ブログはココログ
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31